about 水素水

about 水素水

水素水、アルカリ性について

最近健康飲料水として流行っている水素水ですが、このほかにも呼び方というのは様々あります。その中でもアルカリイオン水と呼ばれていることもあり、これは水素水の一種で電解水素水というものです。電解されて生成した水素水は、アルカリ性のイオン水にも変化をしています。このアルカリ性の特徴は、還元性という酸化するものを元に戻してくれる働きがあります。老化の原因とも言える酸化に効くことで、アンチエイジングとして飲む人も居ます。このように電解して生成するアルカリイオン水というのは、還元水とも呼ばれています。日頃から飲料水として飲んでいる場合は、飲み過ぎないように注意することが大切です。一日当たりに摂取して良い量というのは、大体500ml・1Lと言われています。まだ小さい子どもの場合は、大人と違って胃腸の働きが十分ではありませんので、摂取させない方が良いです。
普通の水とは違うので、薬を服用する際は飲まないようにして下さい。

水素水で元気に!健康な体はアルカリ性

今話題の水素水、もう飲まれましたか? 人間の体は、酸性に傾くと病気を引き起こすと言われています。
1931年にノーベル賞を受賞した学者も、「癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性である」と述べています。 また病気だけでなく、長期間の酸性化は体力の低下や老化を早めると言われています。
しかしわかっていても、飲酒やたばこ食事の偏りなど、習慣になっている事の改善はなかなか難しいものがあります。 努力は大事ですが、続かなければ意味がありません。
そういった意味でも、手軽に飲める水素水は重宝するでしょう。 水素水は酸性に傾いた身体をアルカリ性に戻す作用が期待されていて、激しい運動を伴うアスリートや モデルなどにも愛飲者が増えています。
ペットボトルやアルミのレトルトパウチなど、様々な形で販売されていますが、 最近では、水と反応して体内で大量の水素を発生し、より効率的に活性酸素を除去することができる 水素サプリメントも注目されています。
胃は肉などのたんぱく質を分解するために酸性になっていますので、 水素水の力を効果的に発揮するには食後すぐは避けた方がよいでしょう。

check

探偵 福岡

最終更新日:2019/2/22